youtuberとテレビ

最近ブレイクしているyoutuberのヒカルが坂上忍の番組で将来的には深夜の番組でMCをやりたいと言っていた。

ヒカキンもめざましテレビに不定期出演することになっていたしyoutuberとして人気が出た後のステップアップはテレビ出演ということになるのだろうか?

 

テレビというメディアが出現してから舞台の楽屋の奥でどっしり構えてる大物芸人よりも数冊の台本を抱えていろんなテレビ局を行ったり来たりする芸人が人気を得て立場が逆転し楽屋が崩壊したというような話を上岡龍太郎がしていた。

そう考えるとテレビ局に使われるタレントよりもyoutubeという自分のメディアから発信出来るyoutuberのほうが格が上なんじゃないかという気もしてくる。

まだまだテレビの影響力のほうが大きいと思うがヒカキンやヒカルの視聴者のキッズたちが大人になる頃にはかなり違った状況になるだろうなと思う。

 

基本的にテレビのバラエティは素人芸でyoutuberもテレビの真似事でテレビが60年かけてやってきた歴史をたった数年でなぞってしまったという感じがする。テレビのパイオニア黒柳徹子大橋巨泉ならyoutuberのパイオニアはおそらくヒカキンになるはず。

 

いまのテレビは芸人が支配していてその芸人のなかでも大御所が番組の枠を独占し若手がゴールデンでなかなか自分たちの番組を持てない状態にある。

もしかしたらいまのyoutubeも有名youtuberが人気を独占しこれから出てくる後発youtuberはなにをやっても上には勝てない構造になるのかもしれない。

 

若い人はなんで人気なのか分からない知らない人が出てるテレビに興味を失くし自分たちと同年代もしくは少し上の人たちが活躍してるyoutubeに行ってしまった。

youtuberのやることはテレビの真似事の素人芸だけどどうせ同じ素人芸なら知らないおじさんたちがやってるのを観るよりかは年代が近い感覚の似てる人たちがやってるのを観るほうがマシなんだろうという気がする。

youtubeもそのうちいまのテレビと同じ状況になりそれに飽きた若い人が新しいメディアで出てきた人を持ち上げるって流れはあるかもしれない。

 

まとまりのない文章になってしまったけどとにかくこれからのyoutuberとテレビがどうなるか注目して行きたい。