とんねるず反省会

今日のおかげでした。はとんねるず反省会。

最後にノリさんが水に落とされる流れで結局落ちずに終わった場面があった。

いつもとんねるずは自分たちが弄るばかりで弄られる側に回らないという批判があるけど、それはそんなに悪いことなのだろうか?と思う。

弄る側の芸人がたまに身体を張るのは単純に普段やられない側がやられるのが面白いというのあると思うけど、少しは自分たちも痛い目に遭わないと嫌にやつに見えてしまうという保身もある気がする。やられる瞬間に少し溜飲が下がるだけで結局弄る側と弄られる側のヒエラルキーは逆転することはないのにずっと弄る側にいるのは悪いことなのだろうか。それはたまに自分たちが痛い目に遭うのだから人を弄るのを許して欲しいという言い訳に近い気がする。

とんねるずは自分たちがずっと人を弄る側に回っているが、そういう言い訳を一切しないところが潔いと思う。嫌われることなんか気にせずにヒールを貫いてるのが良い。

今日はとんねるず反省会という企画だったが、とんねるずは反省なんか一切しないというのを貫き通してくれて気持ちが良かった。

来週はムダベストテン。これも楽しみ。